ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カレー ( 392 ) タグの人気記事


2018年 07月 12日

7/12(木) オムカレーチャーハン弁当

e0090469_09063707.jpg
・オムカレーチャーハン
・ヨーグルト&オレンジジャム

**
頂き物野菜をどんどん消費したいので、ベジのカレーチャーハンです。
具は玉ねぎ、にんじん、ピーマン、インゲン、ひよこ豆、カシューナッツ。
ボリュームを出すためにオムレツ乗せ。オボベジ弁当。
今日はパウダースパイスにプラスして、ブラウンマスタードシードとココナッツファインも入れた。


*
*
ところで、
佐藤泰志の「海炭市叙景」を読んだ。
e0090469_22440205.jpg
海に囲まれた地方都市「海炭市」に生きる「普通のひとびと」たちが織りなす十八の人生。炭鉱を解雇された青年とその妹、首都から故郷に戻った若夫婦、家庭に問題を抱えるガス店の若社長、あと二年で停年を迎える路面電車運転手、職業訓練校に通う中年男、競馬にいれこむサラリーマン、妻との不和に悩むプラネタリウム職員、海炭市の別荘に滞在する青年…。季節は冬、春、夏。北国の雪、風、淡い光、海の匂いと共に淡々と綴られる、ひとびとの悩み、苦しみ、悲しみ、喜び、絶望そして希望。才能を高く評価されながら自死を遂げた作家の幻の遺作が、待望の文庫化。

ーーーーーーーーーーーーーAmazonよりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

架空の地方都市「海炭市」(函館がモデルと言われている)を舞台に、
そこに生活をする人たちの日常と、都会とは違う、変わりゆく地方都市の姿を描いてある。
自分が生活をしている上で出会ったりすれ違ったりする様々な人たち。
例えば、スーパーで買い物をする時にレジ打ちをしている人、病院にかかった時の受付の人、
荷物を届けてくれる宅配業者の人、車の修理をたのむ修理工場の人、コンビニで私の前で弁当を買う学生、とか。
どんな人にも私の知らない生活がある。
その生活の一部を切り取ったような作品。
作品の中でも出てくるジム・ジャームッシュ。コーヒー&シガレッツみたいに落ちも何もない。
私はこういう、ストーリーの一部を切り取ったような話は好きです。







[PR]

by oisiibento | 2018-07-12 09:19 | あっため弁 | Comments(0)
2018年 06月 27日

6/27(水) チキンクルマとかベジタブルプラオ

e0090469_09053039.jpg
・ベジタブルプラオ
・チキンクルマ(ろこお作)
・青唐辛子のアチャール
・ダル
・レンコンアチャール
・ビーツのパチャディ

**
先日ろこおが作ってくれて冷凍しておいたチキンクルマをメインにした弁当。
トッピングの青唐辛子は去年の夏に漬け込んだもの。
南インド風のチキンクルマはココナッツミルクやカシューナッツペーストなどが入った
優しい味わいだけどナッティ。先日は晩御飯だったのでライスなしで食べた。
ライス無しでいけるくらいの味なので、ご飯の方を少し味付けしたプラオにした。
スパイスや野菜を炒めて炊き込んだプラオ。
レンコンアチャールもその時に作っておいたのだけど出し忘れていた。
数日寝かされてちょうどいい塩梅。





[PR]

by oisiibento | 2018-06-27 09:07 | あっため弁 | Comments(0)
2018年 06月 19日

6/18(火) 枝豆とみょうがのまぜご飯

e0090469_08533642.jpg
・枝豆とみょうがのまぜご飯
・かぼちゃ煮付け
・ハム巻き
・海苔巻きたまご
・ささ身の自家製粒マスタード和え
・ワカメ入りしじみの赤出汁

**
枝豆の季節。
蒸した枝豆と刻んだみょうがを塩と共にご飯に混ぜるシンプルなご馳走。

*
*
お休みはお山へ。
ろこおの膝もだいぶ良くなった。とはいえ無理も怖いので近所のお山で様子を見ながら。

オカノトラノオが群生していた
e0090469_23145226.jpg





e0090469_23145256.jpg






e0090469_23145264.jpg
巨木の多いお山です。






久しぶりに見た
e0090469_23145240.jpg
でんでんむしむしかたつむり



帰宅して二人でカレーを作る

お休みの日の山行からのカレー。もはやルーティンw
翌朝も残りのカレーで朝ごはん
そしてお昼は、ポラポラ食堂でミールス
e0090469_23485640.jpg
間違いなく美味しい!






[PR]

by oisiibento | 2018-06-19 08:59 | ふつう弁 | Comments(0)
2018年 06月 15日

6/15(金) 南インドと日本の融合カレー弁当

e0090469_09064100.jpg
・トマトライス(カシューナッツ、パクチーの花)
島豆腐のココナッツカレー(木の芽)
・インゲンのメルクプラティ
・黒目豆のマサラサラダ
・キウイのピックル
・ビーツのパチャディ

**
島豆腐のココナッツカレーはろこお作、昨晩はみょうがと合わせてあって美味しかった。
今日は木の芽と合わせてみる。
トマトライスは、スパイスや玉ねぎ、トマトを炒めバスマティライスを炊き込んだご飯。
ろこおが作ってくれたココナッツ風味のカレーに合わせた。
キウイのピックルは数日前から作って仕込んでおいた。
フルーツのピックル美味しい!






[PR]

by oisiibento | 2018-06-15 09:09 | あっため弁 | Comments(0)
2018年 06月 12日

6/12(火) カツ丼弁当

e0090469_09101828.jpg
・ヒレカツ丼(豆苗)
・しろ菜の炒め煮
・かぼちゃサラダ
・ブロッコリー
・大根のゆかり和え
・松茸の味お吸い物

*
*
ところで、週末は台風が近づいているとの事でしたが
こちらにはあまり影響がなさそうだったのでお山へ。
ろこおは先週平尾台に行った後も膝の調子が良さそうだったので今週は福智山を急登コースから。

スイカズラがたくさん
e0090469_22220041.jpg
それはそれはたくさんあちこちに。




イヌツゲ
e0090469_22220165.jpg
すごく小さいお花





ウツギが最盛期でした
e0090469_22220100.jpg






e0090469_22220106.jpg
山頂付近に群生





オキナグサ
e0090469_22220149.jpg
すっかり翁。最後の2本くらい





山ツツジも見頃でした
e0090469_22220178.jpg


下山後、晩ご飯は二人でカレーを作る
   
月曜日も二人でカレーを作る

  
美味しい。楽しい。






[PR]

by oisiibento | 2018-06-12 09:17 | ふつう弁 | Comments(0)
2018年 06月 07日

6/7(木) マサラ焼きそば弁当

e0090469_09320653.jpg
・カレー風味スパイシー焼きそば(目玉焼き、パクチー)
・マンゴーゼリー&ヨーグルト

**
いつものカレー風味焼きそばにスパイスと辛味をうんと効かせて。
パクチーもりもり入り。


*
*
ところで、
毎年この季節から面倒で後回し後回しにしていた草むしりが今年は楽しいです。
夏にボーボーに伸びてしまう前にと気が向くとチョイチョイと毟っている。
無心になって草を毟るのは楽しい。
最初は隅から隅まで徹底的に毟る事にハマっていたが、最近はわざとちょっとだけ残す。
e0090469_22144319.jpg
すごく小さいお花(うちのカメラの限界でいまいちピントが合っていないけど)
こういうのが咲く雑草や
e0090469_22155398.jpg
こんなのは背丈が低くて可愛いので残しておき、いらない雑草だけを抜いている。
しかしこういう可憐なお花はけっこう弱く、根がびっしりと蔓延るようなのや背丈の高い雑草の方が強くてどんどん伸びる。
庭の中の植物の分布がこの可愛い花だらけになったらいいなと思う。
ただ、ここはたまに車も乗り入れる場所だからその時は踏んで潰れてしまうけど。





[PR]

by oisiibento | 2018-06-07 09:37 | 麺弁 | Comments(0)
2018年 06月 01日

6/1(金) とらさんチキンビリヤニ弁当

e0090469_09101760.jpg
・チキンビリヤニ(とら屋食堂)
・チャナスンダル
・筍のポリヤル
・ベイガンウールガイ
・ワダ
・ココナッツチャトニ
・オクラのパチャディ

**
先日の「南インド料理を味わう会」でお持ち帰りして冷凍しておいたチキンビリヤニをメインに。
付け合せに作ったのはひよこ豆や赤玉ねぎをスパイスやココナッツと合わせたチャナスンダル。
冷たくして食べても温めても美味しい。
茄子を酸っぱいスパイスオイル漬けにしたベイガンウールガイ。日持ちするのでしばらく食べます。
破竹はポリヤルにして食べきり。
パチャディには先日のとらさんのを真似してオクラ入りにした。

インド料理を勉強して作るようになってまずびっくりしたのは油の量。
日本人向けに発売されている料理本に書いていあるレシピの油の量はかなり少なめらしい。
本当に使う量をちゃんと記載すると日本人はひいてしまって本が売れないのだとか(笑)
今回作った茄子のウールガイ(保存のきくお漬物)は茄子2本につき油を1/2カップを使った。
でもこれくらい油を使った方がインド料理は美味しい。




[PR]

by oisiibento | 2018-06-01 09:13 | あっため弁 | Comments(2)
2018年 05月 23日

5/23(水) 赤そら豆ご飯

e0090469_08574701.jpg
・赤そら豆ご飯
・大根のひきないり
・パプリカの塩昆布和え
・ブロッコリー
・とうもろこしのかき揚げ
・ワカメの味噌汁

**
先日道の駅で買った赤そら豆で炊き込みご飯。
作り方はえんどう豆の炊き込みご飯と一緒。
お赤飯みたいな色だけど味はそら豆ご飯。


*
*
ところで、
先日の日月のお休みはテントを背負って久住へ。
今年はお花がなんでも早めみたいなので、ミヤマキリシマがもう咲き揃っているのではないかとあせって行った。
e0090469_22194611.jpg
咲き揃った見頃ではなかった。まだ下の方だけ。
上の方は来週か10日後くらい先か場所によっては2週後か。
でもお天気良く気持ちも上がる。




ミヤマキリシマよりもイワカガミの方が咲き誇って見頃だった。
e0090469_22194639.jpg
あちらこちらに群生していて可愛い。







他にも
e0090469_22194638.jpg
トキワハゼ(たぶん)






なんかのスズラン(たぶん)
e0090469_22194760.jpg







オダマキ
e0090469_22194732.jpg






坊ガツルにテントを設営して宴会。
ビリヤニを作る。


e0090469_09050968.jpg
なんだか変わった雲。
日月とも晴れ予報で降水確率も低く登山指数も良かったので安心していたけど急変し
夜中、暴風雨で目覚め時計を見ると12時半くらい。
3時半くらいに起きて朝駆けしようと思っていたのでとりあえずまた寝る。
アラームで起きたらまだ暴風雨だったので諦めてまた寝た。






目覚めても山の上はずっとガスがかかっていたので下山。
e0090469_22194741.jpg
雨の後の登山道は瑞々しくて良いもんです。






ギンリョウソウも生き生きとしている。
e0090469_22194763.jpg






マイズルソウ
e0090469_22194708.jpg






群生。
e0090469_22194850.jpg







前日の強い雨風で、まだ散るには早い葉や花が千切れたように落ちていた。
e0090469_22204992.jpg









[PR]

by oisiibento | 2018-05-23 09:08 | ふつう弁 | Comments(0)
2018年 05月 18日

5/18(金) 南インド定食弁当

e0090469_09221295.jpg
・レモンライス
・ポークビンダル(ろこお作)
・パクチーの花
・ダル
・ベイガン・コロンブ
・ワダ
・ココナッツチャトニ
・クスンブリ

**
レモンライスは、湯取り方で炊いたバスマティライスをスパイスとレモンで炒める。
ベイガンは茄子のこと。南インドのおかずです。
ワダは豆をペーストにしてドーナツ状に揚げたもの、ココナッツチャトニを付けて食べます。
クスンブリは、きゅうりや赤タマネギ、ココナッツファイン、ハーブ、スパイスなどを混ぜたサラダです。
お隣さんちのパクチーの葉っぱとお花も大活躍。






[PR]

by oisiibento | 2018-05-18 09:23 | あっため弁 | Comments(2)
2018年 05月 10日

5/10(木) ポークビンダルとかプラオとか

e0090469_09220560.jpg
・マタル・プラオ
・ジーラライス
・ポークビンダル(ろこお作)
・ブロッコリーのトーレン
・ワダ
・ココナッツチャトニ
・にんじんのアチャール
・ビーツのパチャディ

**
色々入って豪華♡ですが、作り置きもの大集結。
作り置きじゃ無いものもちゃんとありますが。

マタル・プラオはえんどう豆のスパイス炊き込みご飯。バスマティライスで。
ジーラはクミンシード。フライドオニオンとともに炊き込むご飯。
トーレンは野菜のスパイス炒め蒸しといった感じ。
ろこお大喜びのカレー弁当。


*
*
ところで、連休の投稿が続きます。
4日目はレスト日。
最近作ってなかった南インドの軽食「ティファン」を作る。

ろこおが、お隣さん採りたてのにんにくの芽でサンバルを作ってくれた。
にんにくの芽といえばシャキシャキに炒める。というイメージしかなかったけど、煮込んだホクホクも美味しい!
私は久しぶりにワダを練習。ずっと生地を研究した甲斐あってなかなかの出来。
イドゥリは友人が南インドのお土産で買ってきてくれた、パーボイルドライス入りのイドゥリ粉を使って。

*
*
翌5日目は雨。
ろこおは膝の安静でレストだけど、私は山へ行きたかった。
先日見たギンリョウソウは雨の中で見るとさらに美しいのではないかと思っていた。
ろこおゴメンなさい。私は一人でも行きたいです。

ということで、一人で福智山へ。
e0090469_23000257.jpg
山の中はしっとりとしていた。雨はしとしとと降ったりザザッと大粒が落ちてきたり。
こういう日は静かなのだと思っていたのに、鳥は盛んにさえずり、動植物が森の中で生き生きとしている音がする。






ヤマツツジがもう咲き始めていた
e0090469_23000281.jpg







目当てのギンリョウソウ
e0090469_23000258.jpg
雨の中透明度を増して瑞々しく妖精のよう。






ムベに似てる。ムベかな?ムベかも。
e0090469_23000292.jpg







稜線に出たらずっとガス。山頂もガス。
e0090469_23000266.jpg
登山口駐車場には一台も停まっていなかったけど、入山して下山するまでも一人も出会わなかった。
いつもどこに行っても登山者の多い昨今、山の中をたった一人で過ごすという素敵な体験ができた日。






[PR]

by oisiibento | 2018-05-10 09:34 | あっため弁 | Comments(0)