人気ブログランキング |

ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2019年 05月 31日

5/31(金) えんどう豆の炊き込み御飯

e0090469_09060928.jpg
・えんどう豆の炊き込みご飯(かりかり梅干し)
・ごぼうのかき揚げ
・ひじき煮の白和え
・たまご焼き
・ブロッコリー
・ワカメの味噌汁

**
赤そら豆やえんどう豆をたくさん頂いた。
そら豆は晩御飯にろこおがキッシュを作りたいというので
えんどう豆の方を炊き込みご飯に。
いつものように昆布だしに塩少々で豆を煮て、煮汁ごと冷まし豆を取り出し、
煮汁でご飯炊きその後豆を混ぜる方式。

本当は違うメニューを考えてごぼうを笹がきにしていたので路線変更。
それを使ってかき揚げにした。
冷凍しておいたひじき煮に塩茹でした人参とスナッピーを混ぜ、志摩豆腐で白和えに。







by oisiibento | 2019-05-31 09:26 | ふつう弁 | Comments(4)
2019年 05月 30日

5/30(木) 豚肉の生姜焼き丼弁当

e0090469_09062664.jpg
・豚肉の生姜焼き丼
・きんぴらごぼう
・味たまご
・ジャガイモのマッシュサラダ(松の実)
・ワカメ入りシジミの赤だし

**
北海道産のジャガイモを頂いた。
晩御飯にじゃがバターにしたら甘〜い美味しい〜♪
作りすぎたので残りをマッシュにしてマヨをちょこっと入れて弁当に。

ところで、
2年ほど前に友人に株分けしてもらった「月下美人」
e0090469_23143887.jpg
だいぶ大きくなりました。
(頂いた時からすでに結構大きかったですが)



去年花芽がついたのにうっかり取れてしまって傷心したけど
e0090469_23142676.jpg
今年もつきました。
やったー! 今年は咲いてくれるかな。







by oisiibento | 2019-05-30 09:08 | ふつう弁 | Comments(6)
2019年 05月 29日

5/29(水) 焼き鯖のほぐし身寿司

e0090469_09061576.jpg

・焼き鯖寿司(胡麻、大葉、がり)
・野菜の揚げ浸し(かぼちゃ、茄子、インゲン、平茸)
・ブロッコリー、とまと
・たまご焼き
・松茸の味お吸物

**
最近我が家の定番となりつつある、焼き鯖ほぐし身寿司。
旅先で食べた焼き鯖寿司が美味しくて、しかしあの姿で作るのは大変そうだ。
最近の塩サバ(に限らずとも塩魚)は甘塩が多いので、焼いた塩鯖をほぐして酢飯に乗せたら
作りやすいし食べやすいし。

大葉はトッピングの量だけでは物足りないので、酢飯に胡麻と共に混ぜておく。
その上にほぐした焼き鯖。ガリと大葉をトッピング。

ところで、
島田雅彦の「エトロフの恋」(無限カノン3部)を読んだ。
e0090469_23114757.jpg

前回読んだのがかなり前だったとはいえ、こんなに覚えていないものかなと思うくらい記憶になかった。
そして思い違いも多かった。
当時の雑誌「文藝」の対談も一緒に読み返してみたら
発売にあたり色々とひっかかり「出版が無期延期」となってしまっていたのは2部の「美しい魂」だった。
今読み返すと、そうだろうなぁという内容。

この「エトロフの恋」は全2作に比べて低く評価している方もいらっしゃるが、
こんなに覚えていなかったと言いながら恐縮だけど、今読んだら私は一番面白かった。
読む年齢で感じ方がこうも違うのかと思った。前回読んだ時は記憶に残らないくらいだったのに。
エトロフやアイヌの話、自然と向き合ってきた日本の祖先の話は興味深い。
3冊を続けて読まなくても一冊だけで完結として読んでも面白いけど
やはり全作読んだ方が断然面白い。
歴史に切り込んだ4世代にもわたる壮大な恋の話を5世代目の娘が追いかけて行く。





by oisiibento | 2019-05-29 09:10 | ふつう弁 | Comments(4)
2019年 05月 28日

5/28(火) トルコライス弁当

e0090469_09051563.jpg

・カレーピラフ
・ナポリタン
・ヒレカツ(デミソース)
・塩たまご
・ブロッコリー
・ポタージュ

**
大人のお子様ランチ。
カレーピラフには、人参いんげんヒラタケ舞茸ひよこ豆を炊き込む。

ところで、日曜日は九重へ。
そろそろミヤマキリシマの咲き始め。
e0090469_21482169.jpg
本当は来週以降が見頃かなと思ったけど、来週は山開きで混みそうなので早めに見に行った。


標高の低いところでやや見頃。
e0090469_21482134.jpg
一部かなりパンパンに咲いている。


イワカガミが沢山咲いていて見頃でした。
e0090469_21482265.jpg


帰りに「種と根」に寄り
e0090469_22091717.jpg
ろこおは疲れた体にクリームソーダを補給。
私はビール(笑)



帰宅してカレーを作る。
e0090469_21482266.jpg
私はカレイのカレーとダルを作り、
ろこおはズッキーニのクートゥとゴーヤのパチャディを作る。
晩御飯なのでライスなし。ワインで。

翌月曜日は雨で家にこもり、お昼に二人で(また笑)カレーを作る。
e0090469_21482276.jpg
昨日の残りのクートゥとパチャディ。
ろこおがチキントック、私がレモンライスと赤タマネギのアチャールを作る。
この日も昼からビール♪






by oisiibento | 2019-05-28 09:06 | あっため弁 | Comments(4)
2019年 05月 25日

5/25(土) 冷やし中華弁当

e0090469_09025345.jpg
・冷やし中華ふう(紅生姜、辛子)
・わかめスープ

**
急な暑さ。冷やし中華はじめました。
といっても、ここ近年の我が家の冷やし中華弁当は中華そばではない。
弁当に持って行って食べる時の麺のほぐれやすさ優先でパスタを使っている。
6分茹で細めのフェデリーニ。
ちゃんと中華麺で作っている方には邪道かもしれません。。。

茹でた麺は水にさらしごま油をまぶし、小分けそば風に盛り、
麺の間にレタスなどを挟み込みさらにほぐしやすくする。
その上に具。
タレは、くばらのキャベツのうまたれに赤酒を足して甘みを足す。




赤酒はみりんと違って、使う時に煮切らなくて良いのでそのまま使えて便利で美味しい。

うまたれ+赤酒+麺にまぶしたごま油 でちょうど冷やし中華ふうのタレになる。
気がする(w
お昼まで冷蔵庫で冷やしておきます。






by oisiibento | 2019-05-25 09:07 | 麺弁 | Comments(4)
2019年 05月 24日

5/24(金) 唐揚げ弁当

e0090469_09181940.jpg
・梅干し
・鶏唐揚げ
・茄子の味噌煮
・ごぼうサラダ
・たまご焼き
・ミニチキンラーメン

**
週に一度は食べたい唐揚げ。いつもは週末に作るのだけど、
他の野菜の消費の都合により今日のメニュー構成。
茄子の味噌煮はろこおの好物。
ずっと作っている料理だけど冬に作った時はやはり旬野菜でないせいかイマイチだった。
そろそろ美味しい季節になりました。

*
*
ところで、
島田雅彦の無限カノン3部作。
「彗星の住人」「美しい魂」に続き今は「エトロフの恋」を読みかえしている。
前回読んでから年数が経ち過ぎて、このあたりはほとんど覚えていなくて初めて読む作品のような感覚で読んでいる。
タイトルからもわかるとおりエトロフが関係する。
読み始めると主人公は船でエトロフへ渡ろうとしている。
どこからだっけ?覚えていないなぁ。
主人公が最初に出会った老人はもともと朝鮮語をしゃべる人だけど時代と共に日本語やロシア語も覚えなくてはならなかった。
どこにいるの?主人公が今いる場所が特定できない。
もともと歴史や社会情勢や地理にも疎い私なので色々とネットで検索する。
北海道からじゃないとすると近くの島から?ロシアから?
検索ワードに「ロシア」「朝鮮」「北方四島」とか色々調べていたら、普通の検索なのにニュースがずらずら〜っと出てきた。
最近某議員の「戦争しないとどうしようもなくないですか」みたいな発言がニュースになったばかりだし。
もしこのPCが傍受されていたりしたら私政治犯と間違われたりしないかな。ドキドキ

声を大にして  私、小説読んでいるだけなんですーーーっ!






by oisiibento | 2019-05-24 09:28 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 05月 23日

5/23(木) 塩サバ弁当

e0090469_08495153.jpg
・塩サバ
・かぼちゃとくるみのサラダ
・アスパラガスのソテー、粉チーズ味
・味たまご
・わかめの味噌汁

**
北海道産の立派なアスパラガスを頂いた。自分じゃ買えないようなの。
ありがとうございます。
昨晩は茹でたてを温かいまま玉子多めのタルタルソースで食べた。
今日はソテーして粉チーズと粗挽きブラックペッパーで味付け。



ところで、
うちの店の近所は商店が多く、ちょっと入り込んだ所の住宅もそれほど広い庭のお宅はあまりないが、
それでも家の周りのちょっとしたスペースにうまく花木を植えて通りに華やぎを与えてくださるお宅もある。
店から郵便局まで行く途中に、お花が素晴らしくて通るのが楽しみなお宅がある。
それほど広くはない花壇のようなスペースに雑草がある事はなく手入れされていて、いつも季節の花が美しく咲いていて、
通り添いなので行き交う色んな人たちの目を楽しませているに違いない。
昨日郵便局に行きがてら楽しみにそのお宅の横を通ったら、今あるべき植物のみがある感じ。
もちろん雑草は一つも無く、地面から放射状にすっとたっぷりと伸びた茎たちにそれぞれ大振りの葉が付いていて、
葉の中心にはどの茎にもとても小さな蕾がぎっしり。
もう紫陽花が咲く準備が整っていた。






by oisiibento | 2019-05-23 08:56 | ふつう弁 | Comments(4)
2019年 05月 22日

5/22(水) 焼きそば弁当

e0090469_08595703.jpg
・ソース焼きそば(目玉焼き、紅生姜、青海苔)
・わかめの味噌汁

**
昨日も今日も忙しくあまり準備できず
今日は手抜きの焼きそば弁当。
しかし、意外と野菜も肉もたくさん食べられるメニュー。
青唐辛子を入れて激辛♡

ところで、島田雅彦の「美しい魂」を読んだ。
e0090469_23210657.jpg

東海岸に渡った不二子を追い、ついに想いの丈を伝えたカヲルは、この恋にふさわしい男になるため、天性の美声をさらに鍛えることを決意する。しかし、このときはまだ、静かな森の奥で、美しく成長した不二子を見つめる、比類無き恋敵の存在には気づいていなかった……。血族四代が悲恋の歴史を刻む〈無限カノン〉の物語は、甘美なる破滅の予兆をたたえ、禁断の佳境へ深く踏み込んでいく。
ーーーーAmazonよりーーーーー

この無限カノン2部は主人公カヲルと不二子の話は基盤にあるものの、常盤家の女性たちの恋の話も盛り込んである。
若い頃に読んだ時には、主に恋の話が中心と思っていたけど、
今読むと、天皇制の廃止や女帝の即位、政治にも触れてあり(出版するにあたって許される範囲で)、
恋の話がそれに乗っかってる印象も受ける。
でも作者はやっぱり恋の話が書きたかったのかな。






by oisiibento | 2019-05-22 09:02 | 麺弁 | Comments(2)
2019年 05月 21日

5/21(火) えんどう豆の炊き込み御飯

e0090469_08560384.jpg
・えんどう豆ご飯(しば漬け)
・豚つくねの照り焼き
・たまご焼き
・ひじき煮
・お花かまぼこ
・松茸の味お吸物

**
ひじきと油揚げは先日まとめて煮て冷凍しておいた。
それに茹でて冷凍しておいたとら豆と、
新たに人参とスナッピーも加えた。

ところで、日曜日は宝満山へ。
e0090469_21432066.jpg
お天気は悪いわけではなかったけど予報が微妙だったせいか、日曜日のこの山にしては登山者少なし。


石段の隙間に
e0090469_21432116.jpg
ネコノメソウ?


ウツギもたくさん咲いていました。
e0090469_21432148.jpg



下山後は、インディアンスパイスファクトリーへ。
一度行ってみたかった東インド(ベンガル料理)のお店です。
e0090469_21432090.jpg



翌月曜日は雨予報だったので自宅でのんびり。
二人で南インドのベジミールスを作る。
e0090469_21432051.jpg
今回私が作ったのはえんどう豆や人参を入れたプラオ(炊き込みご飯)と
ゆで卵をスパイスなどに漬け込んだピックル。キャベツのポリヤル(ココナッツ炒め)。
ダル(ひきわりひよこ豆のカレー)。ビーツのバチャディ(ビーツとヨーグルトとスパイス)。

ろこおが作ってくれたのは茄子のサンバル(茄子と豆ペーストとスパイスなどのインドの味噌汁的なヤツ)。
ラッサム(辛くて酸っぱい、インドのおすまし的なヤツ)。
大根のコランブ(パンチフォロンというスパイスの効いたココナッツ煮)

それにパパドという豆せんべいを添えた。







by oisiibento | 2019-05-21 08:59 | ふつう弁 | Comments(2)
2019年 05月 18日

5/18(土) 唐揚げ弁当

e0090469_08544127.jpg
・海苔巻きおにぎり
・鶏唐揚げ
・味たまご
・茄子の浅漬け
・そら豆のクリームチーズ和え
・ミニチキンラーメン

**
自家栽培のそら豆を頂いたのでクリームチーズで和える。
唐揚げは週に一度は食べたいのだ!






by oisiibento | 2019-05-18 08:56 | ふつう弁 | Comments(2)