ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ふつう弁( 1853 )


2019年 02月 20日

2/20(水) 巻き巻き弁当

e0090469_08465033.jpg
・青高菜おにぎり
・芽キャベツの豚肉巻き、カレー風味
・海苔巻きたまご焼き
・ハム巻き
・蓮根の胡麻サラダ
・コーン味噌はるさめスープ

**
青高菜漬けの葉を巻いたおにぎり、芽キャベツを巻いた豚肉、海苔を巻いたたまご焼き、ハム巻き。
残り物の使い道を考えていたら巻物ばかりの弁当になってしまった。
芽キャベツは小さかったので2〜3個まとめて肉でくるくる。

*
*
ところで、
ミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」を読んだ。
e0090469_22393270.jpg
本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋落の時代を背景に、ドン・ファンで優秀な外科医トマーシュと田舎娘テレザ、奔放な画家サビナが辿る、愛の悲劇―。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本当に耐えがたいのだろうか?甘美にして哀切。究極の恋愛小説。

ーーーーーーー「BOOK」データベースよりーーーーーー

ずいぶん前、この本がすごく面白かったとすすめられて読んだ。(この文庫本は第4刷、発売は1999年)
哲学は難しいし政治や社会情勢に疎かった私は背景もぼんやりとしていて、あまり入り込めずに読んだ。
その後同映画を観て少しわかった。というくらいだったけど、ふと「今読むと面白いのじゃなかろうか」
と読んでみたところ、こんなに面白い話だったっけ!というくらいどんどん頭の中に心の中に入ってきた。
やはり小説や映画や音楽などには出会うべき時期というものがあるのか。
トマーシュの選択、テレザの母への嫌悪と母でない女ならば好きになれたかもしれない気持ち。
サビナの裏切りとフランツのサビナ信仰。シモンや犬のカレーニンの気持ちにまで入り込んでしまった。


書評につきましてはAmazonをご参考に↓





by oisiibento | 2019-02-20 08:53 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 02月 16日

2/16(土) 唐揚げ弁当

e0090469_09091150.jpg
・紫花豆の甘煮
・しば漬け
・鷄唐揚げ
・かぼちゃの煮物
・たまご焼き
・きんぴらごぼう
・ミニチキンラーメン

**
週末は唐揚げ弁当。
と決めているわけではないけど、忙しい週末に揚げ置きして冷凍している唐揚げが便利です。
先週末たまたま唐揚げ弁当しなかっただけで、ろこおは「めっちゃ久しぶり」と嬉しそう。






by oisiibento | 2019-02-16 09:14 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 02月 14日

2/14(木) ベビーハム弁当

e0090469_08555818.jpg
・のりたま
・ベビーハム
・ピーマンの塩炒め
・味たまご
・とら豆煮
・はるさめスープ

**
ベビーハムの賞味期限が過ぎていた。
こういうのって、何もなかった時のためにと買っているけど、使うのを忘れて結局いつもあわてて使っている。
でもつい買ってしまう。たまに無性に食べたくなる時があるし。

それにしても最近のベビーハムの小ささといったら。。。
e0090469_21471608.jpg
むかしはこのハート型がベビーハムの円の中にきれいに入っていたんだけど。

豆は今日のはとら豆。浸水は一晩でいいけどこの豆も茹でこぼしが必要な豆。
紫花豆のような甘煮ではなくあっさりと昆布だしで煮た。
両方とも日曜の夜から浸水しておいて月曜日は時間差で茹でこぼしたり煮たりして、
一日中豆のお世話をしていた感じ。





by oisiibento | 2019-02-14 09:04 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 02月 13日

2/13(水) 紫花豆の甘煮

e0090469_09080749.jpg
・五目寿司(紅生姜、海苔、錦糸卵、酢蓮根、しば漬け、インゲン)
・紫花豆の甘煮
・青高菜漬け
・松茸の味お吸物

**
五目寿司の具は、干し椎茸、人参、ごぼう、インゲン、油揚げ。
その上に紅生姜を散らし、ちぎった海苔を敷き錦糸卵。
酢蓮根をお花の形にしているのは美しく見せるためではない。
日が経って蓮根の痛み始めたところを切り取ったらこういう形になる(前にも書きましたけど)
お花型蓮根って痛んだ蓮根を上手に使い切るための工夫なのかしら(笑)

紫花豆は初めて購入。
ずいぶん前、白花豆を買って煮た時、他の豆のように半日戻してもまだしわが寄っていて、
様子を見ながらもう一時間もう一時間と様子を見ながら戻した。
この紫花豆は袋に24時間もどせと書いてあった。
24時間浸水し、2回茹でこぼす(茹でこぼしも私は今まで勘違いしていて、数分茹でたらザッとザルにあげていた)
本来は茹でた鍋にチョロチョロと細く水を端っこから流しながらゆっくり温度を下げるらしい。
それを2回やったあと1時間ほどシャトルシェフで煮、砂糖を数回に分けて入れ、一旦20分ほど煮て冷まし
塩醤油を加えてまた煮込んで冷ます。
e0090469_09081450.jpg
豆の甘煮はすんごく久しぶりに作った。かなりあっさり味。
甘い物をあまり好んで食べない私にとって、自分で煮ると好みの甘さに作れるところが良い。






by oisiibento | 2019-02-13 09:11 | ふつう弁 | Comments(4)
2019年 02月 09日

2/9(土) 青高菜おにぎり弁当

e0090469_09083371.jpg
・青高菜おにぎりと白おにぎり
・かぼちゃサラダ
・ブロッコリー
・豚だんご
・くるみ入りキャロットラペ
・味たまご
・ミニチキンラーメン

**
白ご飯弁当を今日こそは!と思ったけど、いただいた青高菜漬けがあまりに美味しく。
葉を巻いたおにぎりが美味しいんよねー。
今週は連日味付きご飯となってしまった。
いつもは週末乏しい食材で悩むところありがたい頂き物に感謝!







by oisiibento | 2019-02-09 09:09 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 02月 08日

2/8(金) ふきのとう天とじ丼

e0090469_09173521.jpg
・ふきのとう天とじ丼
・蓮根の梅肉和え
・青高菜漬け
・ハム巻き
・しじみの赤だし

**
今週は混ぜご飯とかばかりだったので今日こそは白ごはんの弁当を。と思っていたけど
お客様から採れたてふきのとうと青高菜漬けを頂きメニュー変更。
あぁ。春の味。






by oisiibento | 2019-02-08 09:18 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 02月 06日

2/6(水) わかめご飯弁当

e0090469_09201860.jpg
・わかめご飯
・蓮根きんぴら
・ささ身大葉チーズフライ
・赤キャベツのサラダ
・たまご焼き
・味噌汁

**
昨日も混ぜご飯だったけど今日もわかめご飯。
生わかめをいっぱい買ったから。

*
*
ところで、石田ゆうすけの「洗面器でヤギごはん」と「行かずに死ねるか!」を読んだ。
7年4ヶ月をかけて自転車で世界一周をされた旅のエッセイ。
e0090469_09220512.jpg

出版された順に
「行かずに死ねるか!」
平穏な人生?それが運命なら自分で変えてやる!」そう決意してこぎだした自転車世界一周の道。だが、砂漠地帯で拳銃を持った強盗が―!身ぐるみはがされた後も疾走し、出会いと別れを繰り返しながら駆け抜けた七年半の旅。笑えて泣ける、大興奮紀行エッセイ。
ーーーーーーAmazonよりーーーーーーー


「洗面器でヤギごはん」
世界にはどんな人がいて、どんな食べ物があり、どんなにおいがするのか――。パタゴニアの荒野でご馳走になったランチ、フィヨルドの海で釣ったサバのうしお汁、一見生ゴミ なセネガルのぶっかけメシ、思わず落涙したアジアの懐かしい味。自転車旅行だから出会えた"食と人"の思い出。単行本に入りきらなかった20話を大幅加筆した文庫改訂版。
ーーーーーーAmazonよりーーーーーーーー


私が読んだ順は逆。
食べ物にまつわる話が気になったのと「洗面器でヤギごはん」というタイトルに惹かれたのでこれから読んだ。
世界各国の食を紹介しているだけの話ではない。
その土地の人たちが普通に食べているもの、その土地の食物を口にしてその土地に体が馴染む。その土地を知る。といった話。
アラスカから入国しアメリカを縦断して、メキシコに入った時の食の違いや南米から欧州に渡った時の衝撃。アフリカはグッとくる。アジア圏に入った時の郷愁と。。。

「行かずに死ねるか!」は旅の挫折、圧倒的な自然に対する興奮、出会った人との交流やアクシデント。
7年4ヶ月旅を続けて他国の文化や社会情勢を見つめ、友人を見つめ、知り合った人々を見つめ、自分の気持ちの根底にあるものにも気付き変化していく。

といったら、ずいぶんシリアスな本のようだけど、すっごく明るくテンポよく冗談のような軽いノリで書いてあって面白い。
時間があれば1冊を1日で読み終えるくらい。
面白すぎて2冊一気読みした。







by oisiibento | 2019-02-06 09:25 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 02月 05日

2/5(火) アスパラ菜の混ぜご飯弁当

e0090469_09171092.jpg
・アスパラ菜の混ぜご飯(しば漬け)
・味たまご
・かぼちゃ煮物
・芽キャベツのチーズ焼き
・ハム巻き
・松茸の味お吸物

**
先日作ったアスパラ菜ご飯が美味しかったのでもう一度。
前回は鮭と混ぜたけど、今回はアスパラ菜のみ。
トッピングにしば漬けと、お花も前に食べて美味しかったので今回も散らす。

*
*
ところで、
お休みに宝満山へ。
e0090469_22345257.jpg






暑いくらいのお天気。
e0090469_22345214.jpg







誰かが素敵なことをやっている。だいぶ前からあるらしい。
e0090469_22345276.jpg
このあたりの椿の花はどんどん散って枯れてもうすっかり終わりだけど、次々と誰かが散って落ちた花を乗せているもよう。
みんな椿の季節を惜しんでいるのかな。




下山後寄り道をして、久しぶりに
e0090469_22345334.jpg
ももちゃ〜ん♡
全然吠えなくて大人しくておりこうさん。
でも動きが活発で写真がうまく撮れない。
実物はもっともっと可愛いんです。







by oisiibento | 2019-02-05 09:22 | ふつう弁 | Comments(2)
2019年 02月 02日

2/2(土) 唐揚げ弁当

e0090469_09004054.jpg
・梅干し
・鷄唐揚げ
・蓮根きんぴら
・菜の花の松の実和え
・たまご焼き
・ミニチキンラーメン

**
茎がしっかりしていて花がまだ開いていない蕾の、丈の揃った菜の花は高級品
というイメージだったけど、結構な量が100円そこそこだったので飛びついて買ったけど
それほどどんどん食べる野菜でもなく。
今日でやっと食べきり。






by oisiibento | 2019-02-02 09:02 | ふつう弁 | Comments(0)
2019年 01月 30日

1/30(水) 野菜の五色寿司弁当

e0090469_09185476.jpg
・野菜の五色寿司
・かぼちゃの煮物
・ささ身のマスタード和え
・たまご焼き
・カリフローレ
・ハム巻き
・わかめの味噌汁

**
寿司飯に黒胡麻と、菜の花、赤キャベツ、人参、パプリカそれぞれ下味をつけて混ぜ寿司。
ささ身は茹でて裂きマヨネーズと自家製粒マスタードで和える。







by oisiibento | 2019-01-30 09:20 | ふつう弁 | Comments(0)