ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ

2018年 09月 11日 ( 1 )


2018年 09月 11日

9/11(火) ひじき寿司弁当

e0090469_09072670.jpg
・ひじき寿司(紅生姜、海苔、錦糸卵、海老、蓮根ゆかり和え、オクラ)
・かぼちゃとくるみのコロッケ
・厚揚げとワカメの煮物
・松茸の味お吸物

**
まとめ作りして冷凍しておいたひじき煮を具にしたお寿司。
ダビデの星というオクラを買った。
面白い形なので今日はトッピングに使いましたが、昨晩梅ポン酢和えで食べたところとても美味しかった。

*
*ところで
カズオ・イシグロの「日の名残り」を読んだ。
e0090469_22574339.jpg
もう随分昔にこの映画を観てい良い映画だなー。アンソニー・ホプキンスがいいなぁと思った記憶がある。

原作を読んでみて、こんなに面白い本だったのか!と思った。
映画ではあまり感じられなかったコメディとも思えるような場面も多く、出だしは結構笑いながら読んだ。
そして、当時のヨーロッパの外交の緊張とそれに関わったダーリントン卿の立場がよりわかりやすい。

読んだ後にもう一度映画を観てみたら、この映画はこんなに面白かったのかと改めて思った。
アンソニー・ホプキンスとエマ・トンプソンとのやりとりが見事。若かった私には理解できていなかったところが多かったことに気づく。

映画と原作に多少の違いがあることは致し方ないところだけど、あえて原作の面白いところを取り上げるならば
原作の方はすべて主人公スティーブンスが語りかける、主観で書かれているところだと思う。
主人のダーリントン卿への思いやミス・ケントンとの交流などもすべて客観的ではなく、あくまでも主人公スティーブンスが感じた思いのままが描かれている。
旅を通して過去を思い返し、再びミス・ケントンと出会うという工程で、主人公の今までの人生に対する気持ちの変化が興味深く面白い。







[PR]

by oisiibento | 2018-09-11 09:10 | ふつう弁 | Comments(0)