ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 03日 ( 1 )


2018年 08月 03日

8/3(金) ベビーハム弁当

e0090469_09225707.jpg
・ベビーハム
・かぼちゃと黒目豆のいとこ煮
・れんこんのゆかり和え
・味たまご
・とんこつ醤油はるさめスープ

*
*
ところで、
ガッサーン・カナファーニーの「ハイファに戻って/太陽の男たち」を読んだ。
e0090469_22473693.jpg
悲劇的な親子の再会を通して時代に翻弄される人間の苦しみを描いた『ハイファに戻って』、密入国を試みる男たちの凄惨な末路を描く『太陽の男たち』ほか、世界文学史上に不滅の光を放つ名作7篇を収録。若くして爆殺された伝説の作家による、パレスチナ問題の苛酷な真実に迫る衝撃の作品群。
ーーーーーーーーーーAmazonよりーーーーーーー


パレスチナ問題は社会情勢に疎い私にとっては、ニュースで聞く遠い異国の難しい政治や宗教をはらんだ紛争で、あまり実感のないものだった。
作者が実際にパレスチナ難民となり、その経験を元に書かれたものなので小説という形態とはいえ、ノンフィクションのようなものだと思う。
小説という形だからこそニュースでは感じられない一人一人の生活や苦悩が伝わる。
「太陽の男たち」はパレスチナ難民のイラクからクウェイトへの密入国で悲惨な死を遂げる話だが、現実には多くの難民がクウェイト入国を合法非合法にせよ失敗する者の数は極く少なかった(らしい)にもかかわらず、敢えて少数の失敗者を取り上げているところに、本当にこういう風に密入国をせざるを得なかった人たちがいたことのリアルが伝わってくる。
以前も書いたことがあるけど、知らないことが多すぎる私にとってこれは教科書。の一部。
本当に世界の一人一人が具体的に生きているし、こういう作品を読んだ後に思う、私のまわりの一人一人も具体的に生きている。







[PR]

by oisiibento | 2018-08-03 09:24 | ふつう弁 | Comments(0)