ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ

2018年 07月 12日 ( 1 )


2018年 07月 12日

7/12(木) オムカレーチャーハン弁当

e0090469_09063707.jpg
・オムカレーチャーハン
・ヨーグルト&オレンジジャム

**
頂き物野菜をどんどん消費したいので、ベジのカレーチャーハンです。
具は玉ねぎ、にんじん、ピーマン、インゲン、ひよこ豆、カシューナッツ。
ボリュームを出すためにオムレツ乗せ。オボベジ弁当。
今日はパウダースパイスにプラスして、ブラウンマスタードシードとココナッツファインも入れた。


*
*
ところで、
佐藤泰志の「海炭市叙景」を読んだ。
e0090469_22440205.jpg
海に囲まれた地方都市「海炭市」に生きる「普通のひとびと」たちが織りなす十八の人生。炭鉱を解雇された青年とその妹、首都から故郷に戻った若夫婦、家庭に問題を抱えるガス店の若社長、あと二年で停年を迎える路面電車運転手、職業訓練校に通う中年男、競馬にいれこむサラリーマン、妻との不和に悩むプラネタリウム職員、海炭市の別荘に滞在する青年…。季節は冬、春、夏。北国の雪、風、淡い光、海の匂いと共に淡々と綴られる、ひとびとの悩み、苦しみ、悲しみ、喜び、絶望そして希望。才能を高く評価されながら自死を遂げた作家の幻の遺作が、待望の文庫化。

ーーーーーーーーーーーーーAmazonよりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

架空の地方都市「海炭市」(函館がモデルと言われている)を舞台に、
そこに生活をする人たちの日常と、都会とは違う、変わりゆく地方都市の姿を描いてある。
自分が生活をしている上で出会ったりすれ違ったりする様々な人たち。
例えば、スーパーで買い物をする時にレジ打ちをしている人、病院にかかった時の受付の人、
荷物を届けてくれる宅配業者の人、車の修理をたのむ修理工場の人、コンビニで私の前で弁当を買う学生、とか。
どんな人にも私の知らない生活がある。
その生活の一部を切り取ったような作品。
作品の中でも出てくるジム・ジャームッシュ。コーヒー&シガレッツみたいに落ちも何もない。
私はこういう、ストーリーの一部を切り取ったような話は好きです。







[PR]

by oisiibento | 2018-07-12 09:19 | あっため弁 | Comments(0)