ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ

2018年 01月 10日 ( 1 )


2018年 01月 10日

1/10(水) ちらし寿司弁当

e0090469_09031918.jpg
・ちらし寿司(海苔、錦糸卵、干し椎茸の含め煮、酢蓮根、けずりかまぼこ)
・大根間引き菜と油揚げの炒め煮
・かぼちゃ煮
・黒豆
・松茸の味お吸物

**
松の内は過ぎたけどまだなんとなく正月モードの品揃えの弁当。
朝ごはんにも雑煮を食べたり。
(カレーは時節に関係なく食べ〼)


*
*
ところで、
泉麻人の「なぞ食探偵」を読んだ。
年末年始の旅に本を持っていくのを忘れあわてて飛び込んだ古本屋で買った。
e0090469_22334366.jpg

Amazonより
メニューで名前を見ても、どんな料理かわからない。そんな「なぞ食」を徹底検証。「ドイツ風ライス」「リッコロカレー」「ゼリーフライ」から、おなじみになった「そばめし」「佐世保バーガー」の考察まで。著者によるカラーイラストも満載。


e0090469_22334311.jpg



e0090469_22334305.jpg



e0090469_22334315.jpg



e0090469_22334375.jpg
全国には気になる名前のメニューがいろいろとあるもんだ。
でも近隣の知っているメニューの稿を読むとそれほど掘り下げてない感じはしますが。1つのメニューに2頁ほどだからやむなし。
でも名前を聞くとそそられる。
ラジウムそばのラジウム玉子やいかにんじんはご馳走になって美味しかったので違和感なく美味しいのがわかる。
ハムカツと天サンドは作ってみたい。ミルクワンタンは興味があるが勇気がいる。
ごぼう天うどん(こちらではごぼ天と発音)はこちらでは当たり前すぎるメニュー。なので、全国のこれらのメニューは当地では当たり前なんだろう。





[PR]

by oisiibento | 2018-01-10 09:10 | ふつう弁 | Comments(2)