ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 06日

6/6(水) ちりめん山椒おにぎり弁当

e0090469_08574383.jpg

・ちりめん山椒おにぎり(木の芽)
・味たまご
・かぼちゃ煮物
・大根菜の炒め煮
・おからと枝豆のサラダ
・手綱かまぼこ
・麩とワカメの味噌汁

**
今年も山椒醤油仕込みました。
山椒の実をあく抜きしたついでにちりめん山椒を作ったのでおにぎり弁当。
木の芽は若いところばかりを摘んできたので茎ごと全部食べられる。


*
*
ところで、
佐藤泰志の「きみの鳥はうたえる」を読んだ。
e0090469_09005628.jpg
郊外の書店で働く「僕」といっしょに住む静雄、そして佐知子の悲しい痛みにみちた夏の終わり…世界に押しつぶされないために真摯に生きる若者たちを描く青春小説の名作。読者の支持によって復活した作家・佐藤泰志の本格的な文壇デビュー作であり、芥川賞の候補となった初期の代表作。珠玉の名品「草の響き」併録。
ーーーーーーーAmazonよりーーーーーー
面白かった。私には不思議な三角関係。
1980年代の作品。
20代の人たちの話だけど、現代の20代の人たちには無さそうな感覚、お母さんに対する想いとか
お金がない生活や職を無くす事に対する不安の無さは1980年代らしい感じがする。
ご存命だったら現代をどんな風に描かれたかな。
映画化されているらしいが、二人が夜中にたくさんのお花を盗ってきて、
安いアパートのテーブルにいっぱい置き毎日水を替えるところを映像で観てみたい。








[PR]

by oisiibento | 2018-06-06 09:17 | ふつう弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 6/7(木) マサラ焼きそば弁当      6/5(火) ポークジンジャー... >>