ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 17日

10/17(火) 枝豆と茗荷の混ぜご飯

e0090469_09012416.jpg
・枝豆と茗荷の混ぜご飯おにぎり(しば漬け)
・かぼちゃの煮付け
・味たまご
・ハム巻き
・オクラの梅肉和え
・茄子の浅漬け
・れんこんきんぴら
・松茸の味お吸い物

**
友人が自宅農園の枝豆を沢山収穫して持ってきてくれた。
今年は八百屋さんであまりお目にかかれなかったので作っていなかった枝豆と茗荷の混ぜご飯を作る。
塩味だけなのに素晴らしく美味しい。








*
*
ところで、
今週のお休みは雨ばかり。
日曜日は泊まりに来た友人たちとたくさんおしゃべり出来て楽しかったけどお出かけは出来ず。
月曜日も降水確率80%ほど、山に行くにはけっこう降っていたので雨が上がる合間があれば少しでもロードを走ろうとちょくちょく窓の外を見ていた。
なかなか上がる気配なく、窓のそばに布団を敷いてごろんと横になったまま外を眺めたり本を読んだりして、まるで入院患者のような1日を過ごした。
寝すぎて腰が痛い。
外を眺めていたら農道と川を挟んで向かい側にあるアパートの一番高い屋根に、先日も停まっていた白鷺を大きくしたような鳥がこの前と全く同じ場所に止まっていたので、今度こそは飛び立つ瞬間を見るぞ!とねばって見ていた。時間はたっぷりあるのだ。
その鳥は雨の中をいつまでもいつまでもじっと停まっている。
あまりに動かないので、生きている鳥ではなく平面の風見鶏なんじゃないかと錯覚するくらいだ。
でも長い時間じっと見ていると、少しだけ首を動かしたりした。でも飛び立たない。
根競べのようにいつまでも見ていたらうつらうつらしてしまい、いけないいけない!今日は絶対見るぞ!と目を開けるがまたうとうとしてしまうを繰り返す。
何度かそれを繰り返していた時、前触れもなく鳥は突然行動した。
屋根の傾斜に沿って滑るように降り、屋根の端まで滑り降りた後そのまま飛び立った。
一瞬のことだった。飛び立った後は窓の死角に入り追えなかった。






[PR]

by oisiibento | 2017-10-17 09:07 | ふつう弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 10/18(水) ブリ照り焼き弁当      10/14(土) 唐揚げ弁当 >>