ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 04日

3/4(土) 唐揚げ弁当

e0090469_09101758.jpg
・梅干し
・鷄唐揚げ
・かぼちゃサラダ
・菜の花の辛子和え
・たまご焼き
・ミニチキンラーメン








*
*
ところで、
一昨日の晩ご飯にふきのとうの天ぷらを揚げた。


春の山菜の中でもたらの芽はよく天ぷらにしていたがふきのとうを揚げたのは初めて。
ふきの煮物の味は好きだけどふき味噌には興味がないし子供の頃から天ぷらで食べたこともなかったので思いつかなかったが
先日テレビだったかネットだったかでふきのとうの葉の部分を一枚ずつ広げて揚げてあったのが綺麗でやってみたくなったのだ。
まぁそれは大変。
広げた葉の根元にもきちんと衣を付けないと上げる途中で取れてしまったりするし、かといってしっかりと衣を付けすぎると
もったりとした重い天ぷらになりそうだし、買ったふきのとうが少し大ぶりだったこともあって一個ずつしか揚げられない。
ひとつひとつ丁寧に衣を付けて二人がかりで揚げた。要領がわっかたので今度はもっとスムーズに揚げられると思う。

すばらしく美味しい。
塩と天つゆを用意して食べたが、後で色々調べたら抹茶塩も良いと書いてあった。
ああ、美味しいだろうなぁ。でも我が家にはどっちみち抹茶などは常備していないので仕方がないけど、あればやってみたい。
つぼんだまま揚げてあるのも見たことがあるが、ちょっとした手間で美しい姿になるならやはり葉を広げて揚げて良かった。食卓が急に春らしく華やか。
そして、この揚げ方は姿が良いだけでなく食感も良い。
真ん中の蕾の所は柔らかく広げた葉の部分はサクサクで、一つのなかに違う食感を楽しめる。






[PR]

by oisiibento | 2017-03-04 09:12 | ふつう弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 3/7(火) パラクゴーシュ      3/3(金) えんどう豆ごはん >>