ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 28日

2/28(火) ロティでラップサンド

e0090469_08465358.jpg
・ロティラップサンド
 (ジェノバソース+ベーコン+たまご)
 (プリーツレタス+ベーコン+ブロッコリー)
・ポタージュ
・ヨーグルト&マーマレード



e0090469_08462428.jpg










*
*
ところで、
休日は友人にクライミングに誘われて日向神へ。
すんごく久しぶり。
e0090469_23272326.jpg
でも前日の仕事が激務だった上、この後も予定があったので遅〜くに行ってちょこっと登らせてもらっただけ。
短い時間だったけど友人達とあれやこれやと言いながら登るのは本当に楽しい。
ろこおも手が治ったらもっと登りたいと言っていた。



日向神を昼過ぎに出てそのまま伯耆大山を目指してGO!車中泊し朝から登る。
雪多し。嬉し。盛り上がる。
が、天気予報では晴れ予報で風も弱いはずだったのに
強風!空も晴れず。。。
e0090469_23280160.jpg





登っていくと少しずつ晴れ間も見え出し期待するも
e0090469_23280311.jpg






強い風が大きな雲を連れてくる
e0090469_23280322.jpg
ちょっと晴れ間が見えたかと思うとガスで覆われるを繰り返す





気温低く、風強く
e0090469_23280440.jpg
シュカブラの上に転がるシュカブラ






晴れていれば稜線を歩くつもりでいたけど、友人の遭難事故以来私は冬山が怖い。
「天気がすごく良くて視界があって雪崩もおきないような時しかここには行きたくない」とろこおには言っていた。
予報に反して強風とガス。少し待っていると
e0090469_23280483.jpg
晴れ間が!





しかし歩き出すとまた向こうからガスがかかる
e0090469_23280458.jpg
すぐそこに見えるピークまでは行けそうだけど、そこまで行ったところでその先の展望は無さそうだ
それならば、足跡をつけずにこの景色を残しておこうとちょっと歩いたところで引き返した。

こんな、まったくトレースの無い稜線の光景なんてめったに見られ無いんだから
後から登ってくる人たちも見たいに決まっている。
下山していると登ってくる人たちと何人か会った。
あの人たちもあの素敵な景色を見られただろう。
自信のある人は、まっさらな稜線をどこまでもどこまでも歩いて行った事と思う。




気温低く雪はふかふかで、下山はアイゼンを外して滑って降りた。
スキー並みの楽しさ。
e0090469_23280450.jpg
また来ます。と拝んで帰る。








[PR]

by oisiibento | 2017-02-28 08:59 | パン弁 | Comments(6)
Commented by dad at 2017-02-28 09:57 x
さすがのフットワーク!
そうそう、無理はしないでください。。。

何やら良さげな、手ぬぐいですね。
Commented by ろここ at 2017-02-28 14:41 x
二人とも臆病なので無理はしません。ご安心を。
手拭いはPEAKSという雑誌の付録なんです。
(たぶん3年くらい前の)
Commented at 2017-02-28 16:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ろここ at 2017-02-28 23:43 x
エッ!そうなんですか。YouTube探してみます。
Commented by ブッピー at 2017-03-01 00:34 x
すっごーい!ホントにきれいで素敵で写真見てたら涙が出そうになりました
私はこんな雪山いに行った事はないけれど、それでも自分たちが行った雪山の
シンとした空気や鼻にツンとくる冷たさの空気感を一瞬で思い出しました。
本当に素晴らしい景色でした!
Commented by ろここ at 2017-03-01 14:55 x
もうちょっと晴れるかなと思ったんですが・・・
でも堪能しました♪
雪の中ってキリッとした空気が良いですよね。
私は目が弱いので寒いと感動じゃない涙がダラダラこぼれるんですよw
前が見えなくて困ります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 3/1(水) 芹ごはんおむすび      2/25(土) 唐揚げ弁当 >>