ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 28日

9/28(水) フィッシュカリー&ダルカリー

e0090469_09130863.jpg
・バスマティライス
・シイラのカレー
・ダルカリー
・ライタ

**
シイラの切り身でちょっとスリランカ風のカリー
モルディブフィッシュ代わりに粗めの鰹節を叩いて投入
マスタードオイルとタマリンドとココナッツミルクが”らしさ”をだしてくれた。

野菜は大根にんじん大豆たっぷりに、付け合せのダルはチャナダルです。
豆大好き。











*
*
ところで、
ジョナサン・スウィフトの「ガリバー旅行記」を読んだ。

e0090469_23050828.jpg
Amazonより
小人たちの国、巨人たちの国、空飛ぶ島の国、馬たちの国…イギリスに妻子を残し、懲りずに旅を続けたガリバー。彼が出会ったおとぎの国々を、誰もが一度は夢見たことがあるだろう。子供の心と想像力で、スウィフトが描いたこの奇想天外、ユーモアあふれる冒険譚は、けれどとびきり鋭く辛辣に、人間と現実社会をみつめている。読むたび発見を新たにする、冒険旅行小説の歴史的名著。抜群に読みやすい新訳版。


ガリバー旅行記は子供の頃の絵本でしか読んだ記憶が無く。
心に残っているのは、ガリバーが小人の国で全身や髪の毛を紐のようなもので
縛りつけられているシーンだけで他はほとんど記憶に無かったけど
どうやら、ちゃんと読むと原作はかなり面白いとのことだったので読んでみましたが、
面白い!

ガリバーが船旅に出るたびに何故か毎回船が難破するという運の悪さや
辿り着いた国で何故かスムーズにその国の皇帝に謁見出来厚くおもてなしを受けるというところには
つっこまずに読むとして(笑)
前半部分は子供が絵本として楽しめる内容だけど、全体を通して
政治や社会風刺がきいていて大変読み応えのある、さすが名作と言われる本だなぁと思いました。

旅行記が始まる前の、出だしの友人に宛てた手紙や、発行者から読者へ向けた文章は
最後まで読んだら納得!という構成も面白い。








[PR]

by oisiibento | 2016-09-28 09:16 | あっため弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 9/29(木) 塩サバ弁当      9/27(火) 玄米麦タコライス >>