ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 02日

9/2(金) ラムチョップ ローガンジョシュとムジャダラなど

e0090469_09424898.jpg
・ムジャダラ
・ラムチョップローガンジョシュ
・大根のアチャール
・キャベツのポリヤル

**
ムジャダラとローガンジョシュは先日カレー塾で教わったもの。
ムジャダラはレンズ豆と玉ねぎを炊き込んだご飯。
しっかり炒めた玉ねぎが入っていてコリアンダーやクミン、シナモンの風味です。

ローガンジョシュはこんな感じ

大根のアチャールは漬け込んで5日目くらい。

ムジャダラは中東料理、ポリヤルは南インド
ローガンジョシュはどこかな?北インドかも。
いろんな地域のが混ざっていますが、今はとにかく色んなものを作りたくてたまらないのです。










*
*
ところで、
カズオ・イシグロの「遠い山なみの光」を読んだ
e0090469_23103782.jpg
Amazonより
故国を去り英国に住む悦子は、娘の自殺に直面し、喪失感の中で自らの来し方に想いを馳せる。戦後まもない長崎で、悦子はある母娘に出会った。あてにならぬ男に未来を託そうとする母親と、不気味な幻影に怯える娘は、悦子の不安をかきたてた。だが、あの頃は誰もが傷つき、何とか立ち上がろうと懸命だったのだ。淡く微かな光を求めて生きる人々の姿を端正に描くデビュー作。王立文学協会賞受賞作。


作者の名前を見ると日本人のようですが、5歳頃に日本を出て生活し英国に帰化し
作品は英語で書かれているのでこの作品も翻訳されたものです。
翻訳に関してはレビューを見ても賛否あって、
私は、ちょっと古めかしい会話や情景描写に関しても戦後直後という時代背景を感じる良い訳だと思い、結構すんなり読むことができました。

特に主人公の若い頃の思い出の描写は薄暗いというか、不穏な、なにかしら大きな事件が起こりそうな予感を孕ませたような記述も多くドキドキしながら引き込まれ一気に読んだ。
大変面白かったので他の作品も読みたい。










[PR]

by oisiibento | 2016-09-02 09:44 | あっため弁 | Comments(2)
Commented by Smitha351 at 2016-10-26 23:27 x
I truly appreciate this post. I've been looking everywhere for this! Thank goodness I found it on Bing. You've made my day! Thank you again! edkcecakbcceebak
Commented by ろここ at 2016-10-27 10:10 x
thank you :)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 9/3(土) 唐揚げ弁当      9/1(木) 野菜の揚げ浸し蕎麦 >>