ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 22日

7/22(金) 激辛ナポリタン弁当

e0090469_953011.jpg
・ナポリタン(目玉焼き)
・ポタージュ






**
青唐辛子の季節なのか?
八百屋さんに青唐辛子が売っていたので、ちょうどカレーを作ろうと思っていたので一袋買った。
カレーに5〜6本使った残りは何に使おう。。
辛いナポリタンも美味しいよね、と5本入れる。
昨晩はゴーヤーチャンプルの5本+友人作の赤唐辛子も入れて激辛三昧。
あぁ辛幸せ♪
e0090469_96172.jpg











*
*
ところで、
幸田文の「流れる」を読んだ
e0090469_23183576.jpg
Amazonより
梨花は寮母、掃除婦、犬屋の女中まで経験してきた四十すぎの未亡人だが、教養もあり、気性もしっかりしている。没落しかかった芸者置屋に女中として住みこんだ彼女は、花柳界の風習や芸者たちの生態を台所の裏側からこまかく観察し、そこに起る事件に驚きの目を見張る…。華やかな生活の裏に流れる哀しさやはかなさ、浮き沈みの激しさを、繊細な感覚でとらえ、詩情豊かに描く。花柳界に力強く生きる女性たちを活写した幸田文学を代表する傑作。日本芸術院賞、新潮社文学賞受賞。


突然花柳の置屋の女中になった主人公、しろうとながらにも色々と気配りし采配する様子は
たくましく、小説といえども幸田文の生き方をも感じさせる。
たぶんこの人はこうやってずっと色々なことを乗り切って生きてきたんだろうな、と思わせる
半随筆のような小説。
こんな風にたくましくいろんなことを乗り切って生きていきたいものだけど
私だったらすぐに押しつぶされそう。

大変面白い小説でした。






[PR]

by oisiibento | 2016-07-22 09:07 | 麺弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 7/23(土) 唐揚げ弁当      7/21(木) おむすび&マキマキ >>