ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 24日

10/24(土) むかごご飯

e0090469_9182057.jpg
・むかごご飯
・鶏唐揚げ
・ごぼうサラダ
・たくあん
・手綱こんにゃく
・味たまご
・松茸の味お吸物






**
今季初のむかごの炊き込みご飯。
ろこおは"ジャリ飯"と呼びます。
見た目がよりジャリ飯らしくなるようにご飯を雑穀にしました。
e0090469_9184578.jpg







*
*
ところで、
今日炊いたむかごご飯のむかごはろこおの実家で採れたもの。

店の隣にあるろこおの実家は、狭い一方通行に突き当たったT字路の角に建っていて、
およそ建坪率など無視したかのように敷地いっぱいいっぱいに建っているので、
庭などはもちろん無いが、建物から道路までの狭いほんの数十センチほどの空きスペースに
ツツジやサルスベリ他色んな木々が所狭しと密集して立っている。

敷地ぎりぎりに建っているものだから枝は当然道路にはみ出し通行の妨げになっている。
それでも、きれいな花を咲かせたりするものだから義母は大事にしているけど
近所のおまわりさんから(一人暮らしの義母を案じて)「非番の時に僕が切ってあげましょうか?」
と 『通行の邪魔になっているから切らなきゃダメですよ』というのを遠回しに言われていたので
しかたなく、義母に叱られるのを覚悟で夏あたりにバツンバツンと枝ぶりも気にせずに
とにかく通行の妨げにならないようにと丸坊主に切ってしまった。

丸裸になった木は葉っぱもなく根元あたりの枝ばかりが見える殺伐とした風情となった。
しかし、その枝の奥を見ていたら山芋の蔓がある。
この辺りは森や林どころか田んぼも畑もない商業地区で、植物といえば
人工的に植えられた緑道の木くらいなのに、どこから山芋が飛んできて根付いたのか。。。
こんなところでむかごに出会うとは(笑)と収穫した。

夏頃に木を丸裸に切ったあとその場所に、お彼岸の頃には今まで一度も咲いたことがなかった
彼岸花がずらずらずら〜っとたくさん咲き乱れ、どこから種子が飛んできたのかと驚いた。

本当に驚かされる、植物の繁殖力の強さといったら。
「どこまででも行って増えてやるゾ!」といった生命力を感じる。
あれだけスッポンポンの裸に切ってしまっていた木々も、また立派に育っていますw
[PR]

by oisiibento | 2015-10-24 09:26 | ふつう弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 10/27(火) 豚丼      10/23(金) 富山ブラック >>