ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 27日

2/27(金) コンソメベーコンライス&ポークビーンズ

e0090469_981315.jpg
・コンソメベーコンライス
・ポークビーンズ
・ポタージュ

**
今日もまたジャスミンライス。
コンソメスープに細かく刻んだベーコンを入れて炊き込んだ。
粗挽き胡椒をガリガリ。
e0090469_982635.jpg
ポークビーンズは以前まとめて作って冷凍しておいたもの。
豚バラブロックを圧力鍋で下茹でして玉ねぎセロリニンジン豆
などと共にトマトソースで煮込んだもの。
豚バラトロトロです♪
豆は大豆、青大豆、キドニービーンズの3種。





*
*
ところで、

昨日書いた穂村弘の本に載っていた話
美容室でシャンプー中に「おかゆいところはございませんか?」
と訊かれるともやもやする。というもの。
穂村氏の主張はこうだ。
あの言葉に対してちゃんと応える日本人はかなり少ないんじゃないか。
理由は、伝えるのが恥ずかしいというのと場所の指定が難しいという。
地図みたいに「Bの6」とか言えると良いけど頭皮には座標が無い。

実はずいぶん前に読んだ堀江敏幸の本にも似たような記述があった。
これは美容室では無く、理容室の前傾姿勢で洗うタイプの話
(現在は後傾姿勢の店舗も多いようだ)
背中のむずがゆい場所ですらきちんと説明するのが難しいのに
極端な前傾姿勢をとって上下左右が曖昧になった頭部のかゆみの
震源地を特定できるはずが無い。 というもの。

そっかー。と美容師としては新鮮に感想を読んだ。
私が読んだ本の中で2回も似たような記述が登場したいうことは
世間には同じ事を感じている人がかなりの数いらっしゃるのではないか。

ウチの店では聞かないようにしているけれど、
昔勤めていた店ではこう聞くように指導されていた。
若い人は遠慮して「大丈夫です」とか言われるけど
物怖じしないおばちゃん達は「生え際がかゆい!」とか
「襟足もっと洗って!」とか、言葉で説明できない場所は
頭のその場所を指さして「ここ、ここ!」などと言われて
指紋が無くなりそうな程ガシガシと洗わされたものだったけど
"空気を読む"文化が根付いて久しい最近の人たちは、この言葉を
投げかけてもきっと遠慮してかゆい場所など言ってくれる人は
あまりいないかもしれない。

そういえば当時友人はこの言葉を言われたら一度で良いから
「背中が。。。」と言ってみたいと言っていた。
[PR]

by oisiibento | 2015-02-27 09:16 | あっため弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2/28(土) 唐揚げ弁当      2/26(木) 松の実ライスと... >>