ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 23日

8/23(土) モロヘイヤの胡麻和えとか

e0090469_8541048.jpg
・梅干し
・鶏唐揚げ
・モロヘイヤの胡麻和え
・茄子の味噌煮
・たまご焼き
・ちきら

**
モロヘイヤはウチでは胡麻和えにすることが一番多い。
フワっとした食感になって面白いです。
弁当にも持って行きやすい。






*
*
ところで、

多和田葉子の「尼僧とキューピッドの弓」を読んだ
e0090469_2311181.jpg
Amazonより
ドイツの田舎町に千年以上も前からある尼僧修道院を訪れた「わたし」は、家庭を離れて第二の人生を送る女性たちの、あまり禁欲的ではないらしい共同生活に興味が尽きない。そんな尼僧たちが噂するのは、わたしが滞在するのを許可してくれた尼僧院長の“駆け落ち”という事件だった―。紫式部文学賞受賞作。


読み始めた瞬間「エッセイ?」と思うような書き出し。
作家が修道院を訪ねて一時を過ごす。

面白いのは作品に英語由来の外来語が使われて無くて
「市(マルクト)」「庭(ガルテン)」「教会(キルヒエ)」などと
ドイツ語読みのルビがふられているのに
登場人物のあだ名が「透明美」「陰休」「河高」「老桃」など
日本語としてもどう読んだら良いのか解らない漢字で付けられていて
ドイツの話なのにアジアをも感じさせる雰囲気。
そして、さらに物語を面白くしているのは、第一部の修道院内の話で終わらず
第二部があるというところ
二部では一部で噂話でだけ登場した尼僧院長が自伝を書くことで
その人生と修道院での事件をあらわにするところである。

なかなか面白く読めました。
[PR]

by oisiibento | 2014-08-23 08:57 | ふつう弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 8/26(火) ビビンバ      8/22(金) 精進揚げ >>