ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 12日

3/12(水) なぽ&こーんらいす

e0090469_9101671.jpg
・パセリコーンライス
・ナポリタン
・塩たまご
・ブロッコリー
・ポタージュ

**
まだ風邪が治らないので今日も手抜き。
こういうメニューは味つけにあまり神経を使わなくて良いのが楽。
時間差でまとめて茹でるので冷たい水仕事が少ないのも熱っぽいときには助かる。






*
*
ところで、
多和田葉子の「雪の練習生」を読んだ
e0090469_22173456.jpg

Amazonより
腰を痛め、サーカスの花形から事務職に転身し、やがて自伝を書き始めた「わたし」。どうしても誰かに見せたくなり、文芸誌編集長のオットセイに読ませるが……。サーカスで女曲芸師ウルズラと伝説の芸を成し遂げた娘の「トスカ」、その息子で動物園の人気者となった「クヌート」へと受け継がれる、生の哀しみときらめき。ホッキョクグマ三代の物語をユーモラスに描く、野間文芸賞受賞作。



久しぶりに読み終わるのがもったいない。と感じた作品。
サーカスを引退したホッキョクグマが作家になって自伝を書く
というとファンタジーだがファンタジーの域を超えた
熊の目線から人間の目線、また熊の目線、、と境無く自由に
行き交いながら話は進む。
クヌートはご存じの方も多いかと思うが
モデルとして描かれたこの小説は一部は「クヌートの祖母」
2部は「母」3部はクヌートの物語。
動物好きも小説好きも楽しめる作品だと思う。

多くを語るとネタバレになってしまうので書きませんが
話の中に出てくる「死の接吻」が本当に行われた芸なので
よりリアル。

[PR]

by oisiibento | 2014-03-12 09:12 | あっため弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 3/13(木) 唐揚げ弁当      3/11(火) 長崎ちゃんぽん >>