ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 20日

8/20(火) カレー焼きそば

e0090469_8403489.jpg
・カレー風味焼きそば(目玉焼き)
・コンソメスープ

**
昨日はトレランに行って激疲れ。
e0090469_8551583.jpg
弁当作りの気力がなく手抜きの焼きそば。
ウインナー、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、キャベツを具に
カレー風味の焼きそばです。
濃い味に負けないように麺は太目のちゃんぽん麺。






*
*
ところで、
村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を貸してもらった。
e0090469_21564211.jpg

ここ最近村上春樹のハードカバーを全然買っていないけど
この作家好きの友人がことごとく貸してくれるので助かります。

Amazonより
良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。


↑と、最近の彼の作品は前もって情報が少ない。
それが売れている要因になっていることも否めない。


輝くような青春時代を送った少年少女が、いきなり幸せな関係を断ち切られ
それぞれに傷心し、再会することによって心の成長を果たす物語。
それほど感情移入は出来ないけど、物語としては面白く読めました。

色んなレビューを読んでみたけど、
こと村上春樹となると何故か、やけに神の様に崇めて心酔している人
やけに深読みして解析している人などがいる一方
アンチ村上春樹なる人たちもいて
ケチョンケチョンにけなしているレビューも見る。
「読みたくなかったけど読んだらつまらなかった」
じゃぁ読まなかったら良かったね。
「何作も途中でやめたけど読んでみたらやっぱりダメだった」
結構気になってんじゃんずっとw

みたいな(笑)

もっと普通に、一作家一作品として自然に読めばいいのにと思う。
私は村上春樹は読むけど、面白いのもあれば全然ハマらないのもある
他の作家の作品と一緒だ。
[PR]

by oisiibento | 2013-08-20 09:00 | 麺弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 8/21(水) 豚肉しょうが焼...      8/17(土) 青紫蘇梅ご飯とか >>