ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 06日

8/6(火) さんまの蒲焼丼弁当

e0090469_8523099.jpg
・さんまの蒲焼丼(錦糸卵)
・れんこんきんぴら
・にんじんの胡麻マヨ和え
・ゆでオクラ
・ワカメの味噌汁

**
久しぶりにちゃんと作った感。
でもれんこんは先週ずーっと料理がめんどうで
使わなかったから10日ものくらい。
なんとか生きてた。






*
*
ところで、
もみじとお別れしてから1週間が過ぎました。
この一週間というもの、暇さえあればもみじの写真ばかり
見て過ごしました。
「もみじのことだけ考えていたい」という気持ちと「忘れたくない
生活の中からもみじの空気が消えてしまうのがいやだ」という
気持ちが重なって。
ご飯のことも考えたくないし本なんかも読みたくない。

でも、そろそろ前を向きなよ。ともみじが言っているような気がしてきました。

心の中にあいた穴はずっと消えないと思うけど、少しずつ料理のことを
考えたり本をひらいてみたりしようかと思います。
それでもやっぱり時々もみじを思い出してお話をここに書くかもしれません。
いつまでメソメソしてるんだとお思いでしょうが、その時は少しお付き合いください。


昨日のお休みは、もみじと行った山を
二人で少し走ってきました。

e0090469_22283777.jpg

[PR]

by oisiibento | 2013-08-06 09:01 | あっため弁 | Comments(2)
Commented by mica at 2013-08-06 11:56 x
穴は、塞がらないよ。ずっと。
でも、穴の周囲を、思い出とか感謝とか
そういったもので飾ることで、穴が穴に見えなくなる
ということが、起こると思います。
ゆるゆる行きましょう♬

もみちゃん、料理のイイ匂い、好きだと思うな♪
パンの一切れとか、ブドウの1粒とか
今まで通りに取り分けてお供えしてあげると
喜ぶと思うなー。
Commented by ろここ at 2013-08-06 14:36 x
micaさん、
本当にそうね。
かえでとお別れした時もぽっかりあいた穴がつらくて仕方が無かったけど、
かえでと出会えた喜びやかえでの首をかしげる仕草、
飛び上がって喜びを表現する姿などを思い出して幸せな思いに変えました。
もみじはかえでの倍以上も一緒にいたから素晴らしい思い出が沢山あるものね。

もみじには毎日パンと頂いたぶどうをあげています。
ぶどうはナント5個も。かえでにすぐとられちゃうからねw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 8/7(水) ケーゼ&チェダー...      8/3(土) 辛子明太子弁当 >>