ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 18日

7/18(木) 牛蒡寿司のちらし

e0090469_8442836.jpg
・牛蒡と油揚げの混ぜ寿司
 (海苔、錦糸卵、茹で海老、酢れんこん、紅生姜)
・チクワのマヨチーズ磯辺焼き
・茄子とインゲンとにんじんの炒め煮
・松茸の味お吸い物

**
牛蒡と酢飯と海苔の組み合わせが大好きです
ろこお、ゴメン、私の大好きな海老まで入れてしもた。






*
*
ところで、

村上春樹のエッセイ「走ることについて語るときに僕の語ること」を読んだ
e0090469_238880.jpg
Amazonより
もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたい―1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。

この作家のエッセイはほとんど読んだことがなかった。
たぶんこの本も自分が走ることを経験していなかったら
読んでみたい気持ちにもなってなかったと思うし
読んでも心に響くものも無かったと思う。

小説を読んでいると、村上春樹はクールでスマートな印象なので
この作家が走ったりトライアスロンをやっていることは知っていたものの
さぞかしクールにキめているのかと思っていたけど、
自分の身体と向き合い自分の精神と向き合い、老いや痛みや挫折を経験して
それでも自分のスタイルや向き合い方を見つけていくことに
(私のレベルとははるかに違うものの)私自身の苦悩を
乗り越えた末にあるかもしれない目標や希望がかすかに見える。
[PR]

by oisiibento | 2013-07-18 08:45 | ふつう弁 | Comments(2)
Commented by マチママ at 2013-07-19 07:48 x
エッセイって全く手にすることはない私ですが
読んでみたいです。
Commented by ろここ at 2013-07-19 09:06 x
マチママ、
私もどっちかというとエッセイよりは小説の方が好きなんですけど
これはRUNとかトライアスロンのことが書いてあったので気になったのでした。
ただし私がここに書いているのはただの備忘録なので
「おすすめ本!」ってわけではないです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 7/19(金) ねぎ豚ちゃーはん      7/17(水) 夏野菜の豚じゃ... >>