ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 01日

5/1(水) えんどう豆ごはん

e0090469_8532820.jpg
・えんどう豆の炊き込みごはん(しば漬け)
・たまご焼き
・鶏唐揚げ
・れんこんの梅肉和え
・かぼちゃサラダ
・三つ葉とワカメの味噌汁

**
またえんどう豆のごはん。
今日のは豆がやわらかかった♪
いつものように水出しの昆布出汁に塩を入れて
豆を茹でたら、茹で汁ごと冷まし
茹で汁でご飯を炊き、後から豆を入れます。







*
*
ところで小川洋子の「海」を読んだ
e0090469_23255060.jpg

Amazonより
恋人の家を訪ねた青年が、海からの風が吹いて初めて鳴る〈鳴鱗琴(メイリンキン)〉について、一晩彼女の弟と語り合う表題作、言葉を失った少女と孤独なドアマンの交流を綴る「ひよこトラック」、思い出に題名をつけるという老人と観光ガイドの少年の話「ガイド」など、静謐で妖しくちょっと奇妙な七編。「今は失われてしまった何か」をずっと見続ける小川洋子の真髄。著者インタビューを併録。


「風薫るウィーンの旅六日間」は死がテーマなのになぜかユーモアがありちょっとしたコメディのようで面白い。
「バタフライ和文タイプ事務所」もまじめな話なのにクスっとしてしまうし何故か官能小説の様でもあり不思議。
「銀色のかぎ針」は母を思い出す。
「缶入りドロップ」はたった2ページの作品なのに登場人物の過ごしてきた時間や人となりまで感じることが出来る。
他「ひよこトラック」も「ガイド」も楽しめたけど、表題作の「海」だけハマらず。
[PR]

by oisiibento | 2013-05-01 08:58 | ふつう弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 5/2(木) タケノコとえんど...      4/30(火) ベジタブルな日 >>