ろこべん

oisiibento.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 16日

2/16(木) かぼちゃフライとか

e0090469_8392711.jpg
・ワカメご飯
・かぼちゃフライ
・ちくわのマヨ磯辺炒め
・ほうれん草のおひたし
・コーンスープ

ワカメや海苔や昆布が好きです。
ワカメご飯にするとワカメすっごく沢山食べられる。
ので、最近ワカメご飯多し。

かぼちゃの揚げ物はいつも天ぷらにしてしまうので
今日の趣をかえてフライに。
塩またはソースで食べます。







*
*
ところで、最近読んだ本


小川洋子「シュガータイム」
e0090469_22351732.jpg
小川洋子の作品はどれも透明で静謐。
まぶたを閉じる音まで聞こえてきそう。

ある時突然食欲に固執し日記をつけだす。
食べる描写はすごくいいんだけど、
あれだけ食べて体型が変わっていってないのか
気になって仕方がない。



平野啓一郎「決壊」
e0090469_22464566.jpg
この作家の作品は芥川賞受賞作の「日蝕」に続き
「一月物語」「葬送」ととても面白くてはまってしまったけど
その後なんだか難しくなってしまって離れていた
久しぶりに読んだこの本もドストエフスキーの影響下にあるらしく難しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2002年10月、全国で次々と犯行声明付きのバラバラ遺体が発見された。
被害者は平凡な家庭を営む会社員沢野良介。事件当夜、良介は
エリート公務員である兄・崇と大阪で会っていたはずだったが―。
絶望的な事件を描いて読む者に“幸福”と“哀しみ”の
意味を問う衝撃作。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・amazonより





白石一文「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」
e0090469_2257872.jpg
長い。引用が多い。
プロレタリアートやマルキシズムの論評はもう散々語られてきたし。
読後に人物像やストーリーがあまり頭に残っていない。





吉村昭「星への旅」
e0090469_23112434.jpg
太宰治賞受賞作
短編集「鉄橋」、「少女架刑」、「透明標本」、「石の微笑」、「星への旅」、「白い道」

集団自殺を企てる「鉄橋」
献体され火葬されるまでを死体の少女が語る「少女架刑」
ギヤマンという言葉を覚えました。
骨の描写が素晴らしい。



伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」
e0090469_23221835.jpg
久しぶりの伊坂作品。
「あるキング」あたりの低迷していた頃からあまり読んでなかったが
友人から「最近また面白くなったよ」と聞いて買いました。
軽快なトーク、キャラから伊坂復活を見る。
以前のような伏線から物語が繋がっていく感じはないが
登場人物がみんな良いヤツで爽やかに読めます。
ラストがいい。
マツコデラックスが嫌いな人はハマらないと思う。




角田光代「太陽と毒ぐも」
e0090469_23292297.jpg
極端なクセのあるパートナーとの生活を描いた短篇集。
彼女が風呂嫌い、彼が買い物中毒、度を越した迷信好き・・・などなど
この小説に出てくる人は極端だけど、だれでもそれぞれ
連れ合いとのちょっとしたズレを感じているかも。
なんだか思い当たって面白く読めました。




吉田秋生「海街diary 2」「海街diary 3」「海街diary 4」
e0090469_23361239.jpg
「海街diary 1」を読んでハマり残り3巻大人買い。
やー!面白かった!
雑誌買わないから知らないけどまだ続く感じ。
続いて欲しい。
[PR]

by oisiibento | 2012-02-16 08:49 | ふつう弁 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2/17(金) チキンカツ豚カレー      2/15(水) お好みハンバーグ丼 >>